AIR JAPAN_ TODAY

japanair.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 13日

ARTIST TALK by AIT, Tokyo

AIT ARTIST TALK #39
d0144949_1916486.jpg

「身体の中から表現しよう!-違う視点で感じてみよう」 フィンランドからメリ・ニクラを迎えて
'Follow Me Under Your Skin - and other visions for the Waking State'
Talk by Meri Nikura
3/23(月)19:00−21:00 AIT Room

AIT ARTIST TALK #40
d0144949_19162451.jpg

「請求書・追加・西・かわいい・出発・耳・日焼け・巣・発言・あなたの・でした・方法・これ・された・使用・
キャンプ・羊毛・です」
ニューヨークからのアーティスト、スティーブン・アピチェラ=ヒッチコックを迎えて
3月26日(木)19:00−21:00



■AIT ARTIST TALK #39
「身体の中から表現しよう!-違う視点で感じてみよう」 フィンランドからメリ・ニクラを迎えて
3月23日(月)19:00−21:00

メリ・ニクラ(1977年生まれ)は、FRAMEとフィンランド・センターの助成により、2月3日から4月
3日まで、AITのレジデンス・プログラムで東京に滞在しています。

ニクラは、音楽やダンスと、ビジュアル・アートを組み合わせた表現活動を行うアーティストです。
歌い手でもあり、フルート奏者でもあるニクラは、クラシック音楽はもちろん、ジャズや民族音楽、
即興やノイズなどの演奏を行うほか、ミュージカルの出演や実験的なパフォーマンスを行うグ
ループにも所属し、幅広い分野での音楽および身体表現を行っています。
近年は、「ヴォーカル・モザイク」というコンセプトを元に、様々な発声法によりあらかじめ録音した
声と、ライブでの音声を重ね、音でコラージュを作る作品を制作しているほか、自身の声と身体
を素材にしたビデオ・インスタレーションも制作しています。

このトークでは、ニクラがこれまでに制作した映像や作品についての紹介を行うほか、AITルー
ムにて、実際にパフォーマンスを行います。
ニクラの独特の声と身体表現の融合から生まれる一夜限りのイベントは、AITでも久しぶりの
パフォーマンスライブとなります。
是非、貴重な機会を体験しにいらしてください。

*本トークに引き続き、4月4日(土)には、メリ・ニクラによる声と身体表現のワークショップ、
「身体を奏でる」を開催いたしますので、あわせてご参加ください。
詳細は、下記のウェブサイトでご覧ください。
http://a-i-t.net/modules/bulletin/article.php?storyid=129

【メリ・ニクラ略歴】
1977年、フィンランド生まれ。2007年にオランダのデン・ハーグ王立芸術学院のアート・
サイエンス科卒業。2006年には、東京造形大学との交換プログラムで日本に滞在した。
作り手と受け手の相互の出来事や操作性を重視しながら、作曲や演奏、パフォーマンスを行う。
http://www.merinikula.com/bio.html

【概要】AIT ARTIST TALK #39
「身体の中から表現しよう!-違う視点で感じてみよう」フィンランドからメリ・ニクラを迎えて
日時:3月23日(月)19:00−21:00 場所:代官山AITルーム
( http://a-i-t.net/modules/tinyd9/index.php?id=4 )
主催:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT]
助成:FRAME 、フィンランドセンター
定員:30人(予約制)
参加費:一般1,000円、学生・ベースメンバー800円(税込)、
ハウスメンバー/サポートメンバー・無料  1ドリンク付き
逐次通訳つき (和英)

* お申込方法は、下記をご覧ください。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


■AIT ARTIST TALK #40
「請求書・追加・西・かわいい・出発・耳・日焼け・巣・発言・あなたの・でした・方法・これ・された・使用・
キャンプ・羊毛・です」
ニューヨークからのアーティスト、スティーブン・アピチェラ=ヒッチコックを迎えて
3月26日(木)19:00−21:00


スティーブン・アピチェラ=ヒッチコックは、写真や映像など複数のメディアを組み合わせたコンセ
プチュアルな作品を制作しています。このトークのタイトルも、ある単語認識テストで用いられる単語を
組み合わせたものです。

本トークでは、現在進行中のプロジェクトの調査のために来日したのをきっかけに、突然正反対の方角
を指すコンパスを頼りに日本を歩いた経験を小津安二郎などの映画的な視覚経験と結びつけたテキス
ト作品「Excursion」や、東京ディズニーランドやオーランドのディズニーランドの経験の断片を作品化し
たインスタレーション「Triangulation」など、彼のこれまでの作品や現在のプロジェクトを映像で紹介しな
がら、作品制作の背景や手法論のコンセプトについてお話します。
また、司会とモデレーターは、東京藝術大学准教授の毛利嘉孝氏が行います。

アピチェラ=ヒッチコックの作品とは?そして、彼の考え方とは?写真や映像、インスタレーションといった
領域横断的な表現行為の面白さに迫ります。

【スティーブン・アピチェラ=ヒッチコック 略歴】
ニューヨーク在住。写真家、マルチメディア・アーティスト。
ケンタッキー大学、マサチューセッツ大学等で教鞭をとる。現在、フォーダム大学のアーティスト・イン・
レジデンスの一員。また、2005年度には東京藝術大学でも客員教授を務めた。上海証大現代芸術館
(中国)、セビーリャ・アート・センター(スペイン)をはじめ、さまざまな展覧会に出品している。

【毛利嘉孝 略歴】
社会学者。専攻は社会学、文化研究、メディア論。
現在、東京芸術大学大学院音楽研究科(音楽文化学芸術環境創造研究分野)准教授。

【概要】AIT ARTIST TALK #40
「請求書・追加・西・かわいい・出発・耳・日焼け・巣・発言・あなたの・でした・方法・これ・された・使用・
キャンプ・羊毛・です」ニューヨークからのアーティスト、スティーブン・アピチェラ=ヒッチコックを迎えて
日時:3月26日(木)19:00−21:00
場所:代官山AITルーム( http://a-i-t.net/modules/tinyd9/index.php?id=4 )
主催:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
定員:30人(予約制)
参加費:一般1,000円、学生・ベースメンバー800円(税込)、
ハウスメンバー/サポートメンバー・無料  1ドリンク付
司会/モデレーター:毛利嘉孝(東京藝術大学准教授)

■■■ AIT ARTIST TALK #39と#40のお申し込み方法 ■■■
office@a-i-t.net 宛てに、タイトルを「AIT ARTIST TALK #●●(ご希望のトークの数字を入れてください)
参加希望」とし、お名前、メンバーの種別、ご連絡先を明記したお申込メールをお送り下さい。
折り返し予約確認のメールを差し上げます。なお、収容人数に限りがあるため、予約をキャンセルされる
場合は事前にご連絡をいただけますようお願い申し上げます。

特定非営利活動法人アーツイニシアティヴ トウキョウ[AIT] 〒150-0033 東京都渋谷
区猿楽町30-3 ツインビル代官山 A-502 電話: 03-5489-7277 FAX: 03-3780-0266
URL: http://www.a-i-t.net Email: officeATa-i-t.net

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
AIT ARTIST TALK # 39 'Follow Me Under Your Skin - and other visions for the Waking State'
Talk by Meri Nikura March 23rd 2009 19:00 - 21:00 AIT Room

Currently artist in resident with AIT with support from the FRAME and Finland Centre ,
Meri Nikura (1977) will present a one night performance talk, mixing live voice
performances, sounds, video and talking to present her practice as an artist.
Meri has a varied background in the fields of music, theater, dance and visual arts.
Meri has been working on a concept she calls 'vocal mosaic', where she
makes collages of her voice in layers, using different vocal techniques, both live and
pre-recorded. In her visual work she creates video installations, based on simple
interaction, where her voice and body plays an important part.

Places are limited to 30. The performance talk will be translated
consecutively by AIT staff.

*Meri will also hold a workshop “Voicing Your Body” on 4/4(Sat).

[Meri Nikula biography]
Born in Finland (1977) . Meri graduated in June 2007 from The Royal Academy of Fine Arts
in the Interfaculty Image and Sound/ArtScience in The Hague, The Netherlands.
http://www.merinikula.com/bio.html

[Artist statement]
"Living in the body is a curious phenomena, a fading experience happening in linear time.
As babies we only perceived the world through our sensing bodies, without language and cultural
codes, before getting socially trained to behave in a certain way.
Voice is a bridge between the visible and the invisible, expression that reaches out from the
unknown territories within us. It connects us with others through air. You can feel my voice
resonating in your body as if I was touching you from inside. "

OUTLINE Title: AIT ARTIST TALK # 39
'Follow Me Under Your Skin - and other visions for the Waking State' Talk by Meri Nikura
Date and time: Monday, 23rd March 2009 19:00-21:00
Organized by : Arts Initiative Tokyo [AIT]
Supported by: FRAME, Finland Centre
Venue: AIT room Daikanyama ( http://a-i-t.net/modules/tinyd9/index.php?id=4 )
Twin Bldg Daikanyama A502, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0033
Admission: JPY1000/800('Base Members' and Students) Free: ‘House Members’ and
‘Support Members’ with 1 drink
Capacity: 30. Booking Required With consecutive translation (English and Japanese)

OUTLINE Title: WORKSHOP “VOICING YOUR BODY”
Date and time: Saturday, 4th April 2009 12:00-15:00
Organized by : Arts Initiative Tokyo [AIT]
Supported by: FRAME, Finland Centre
Venue: AIT room Daikanyama ( http://a-i-t.net/modules/tinyd9/index.php?id=4 )
Twin Bldg Daikanyama A502, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0033
Admission: JPY1500/1200('Base Members' and Students) Free: ‘House Members’ and
‘Support Members’ with 1 drink
Capacity: 12. Booking Required With consecutive translation (English and Japanese)

Dress: Loose clothes for movement.

VOICING YOUR BODY
a workshop for increasing awareness of your voice & body and tuning in for improvisation

"We use our voice and body every day without doubting our ability to walk or talk. But there is
much more to this amazing mechanism that is you - your voice and your body form a very
expressive instrument. How about listening to your voice in a another way that you are used to?
Would you like to try observing your body from a new point of view? This workshop aims to
deepen your awareness of being and moving in the body and expand your idea of what 'singing'
could mean. Once we get comfortable in our bodies and with our voices, we can try improvising
with the one instrument you always have available - yourself."

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
AIT ARTIST TALK # 40 “Bill, Add, West, Cute, Start, Ears, Tan, Nest, Say, Your,
Been, Way, This, Done, Use, Camp, Wool, Are"
Talk by Stephan Apicella–Hitchcock
March 26th 2009 19:00 - 21:00 AIT Room

This presentation's title is comprised of a string of mysterious words used in the W-22
word recognition test. Although the focus of this talk is not hearing analysis, the concept
of the test will serve as a starting point from which to discuss past and ongoing projects
investigating perception and the uncertain area in between what is known and unknown.
In that sense, this talk will concentrate on interpretation and potential misunderstanding.

[ Stephan Apicella–Hitchcock Short Biography]
Stephan Apicella–Hitchcock was born in New York City, received his BA from Hampshire College
in 1991, and his MFA from the Rhode Island School of Design in 1996.
His works range across the mediums of photography, film, and sculpture, in addition to curatorial
projects and writing; however, regardless of medium, the works reflect a strong interest in history
and comment in both concept and execution on the processes of construction.

He has exhibited internationally at venues including the Kunsthalle Exnergasse in Vienna; the Al
Riwaq Gallery in Bahrain; the Shanghai Zendai Moma; the Nuart Scandinavian Art Festival in
Stavanger, Norway; as well as regionally at the Queens Museum, Art in General, Sculpture Center,
Bloomberg LP, and the Armory Show.

OUTLINE Title: AIT ARTIST TALK # 40
AIT ARTIST TALK # 40 “Bill, Add, West, Cute, Start, Ears, Tan, Nest, Say, Your,
Been, Way, This, Done, Use, Camp, Wool, Are"
Talk by Stephan Apicella–Hitchcock
Date and time: Thursday, 26nd March 2009 19:00-21:00
Organized by : Arts Initiative Tokyo [AIT]
Venue: AIT room Daikanyama ( http://a-i-t.net/modules/tinyd9/index.php?id=4 )
Twin Bldg Daikanyama A502, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0033
Admission: JPY1000/800('Base Members' and Students) Free: ‘House Members’ and
‘Support Members’ with 1 drink
Capacity: 30. Booking Required With consecutive translation (English and Japanese)

CONTACT
Please send e-mail to officeAITa-i-t.net with your name, organization
and the e-mail address. Prior booking required due to the limited space.
[PR]

by japan_air_net | 2009-03-13 19:18


<< Artist Talk and...      Artists' ta... >>