AIR JAPAN_ TODAY

japanair.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 16日

Open House by TWS Aoyama Creators in residence, Tokyo

1.TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス
OPEN STUDIO 2009_01

日時: 2009年4月18日(土) 14:00〜17:00 (途中参加・途中退出自由)
会場: トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンス (http://www.tokyo-ws.org/aoyama/map.html)
入場料: 無料(予約不要)
主催: 財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト

2、TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス成果発表展覧会
  遠くて身近な歴史−1968年そしてホロコースト
TWS Aoyama: Creator-in-Residence Residency Program Exhibition
Questions of Private and Public Memory -1968 and The Holocaust

会期: 2009年4月11日(土)〜5月17日(日)
会場: トーキョーワンダーサイト渋谷 (http://www.tokyo-ws.org/shibuya/map.html )
休館日: 月曜日(但し5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)
時間: 11:00〜19:00(5月4日(月・祝)、5月10日(日)は17:30で閉館。※最終入館は閉館の30分前まで。




TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス
OPEN STUDIO 2009_01


左より: オープン・スタジオ風景> メルセデス・ヴィラルバ&ジュリアン・ガット、トリキシィ・ワイス、マヤ・ヒューイット(OPEN HOUSE 2008-09より)
From left: Mercedes Villalba Julian Gatto / Trixi Weis / Maya Hewitt (In OPEN HOUSE 2008-09)

トーキョーワンダーサイト(TWS)青山:クリエーター・イン・レジデンスでは、東京でもクリエーターが多く集まる青山で、国内外の数多くのクリエーターが多くの人に出会い刺激を受けながら創作活動を展開しています。そのプロセスを月に一回「OPEN STUDIO」(旧:OPEN HOUSE)として一般の方へ開放します。制作の現場であるスタジオで、クリエーターと直接、交流・対話することができます。
今月は、アメリカ、台湾、シンガポール、ヨーロッパからの滞在クリエーターたちが、スタジオで東京での活動の成果やプロジェクトのアイデアやプロセスを紹介します。
皆様お誘いあわせの上、是非ご来場下さい!


日時: 2009年4月18日(土) 14:00〜17:00 (途中参加・途中退出自由)
会場: トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンス (http://www.tokyo-ws.org/aoyama/map.html)
入場料: 無料(予約不要)
主催: 財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
参加クリエーター: インファ・チュー、リリアン・フェルマン、ジェシカ・フィンドレー、マヤ・ヒューイット、ウェイ・リン・リム、ダーク・ファン・リースハウト、ミホカンノ、ヴィンセント W.J. ファン・ヘルヴェン・ウイ、大巻伸嗣、太田エマ、オリビエ・パスケ、ユールゲン・スターク、ヨナス H. スタール


※やむを得ない事情により変更の可能性がありますので、ご了承ください。

***************************************************************



Emerging Artist Support Program 2008 展覧会企画公募
「on concrete」企画者:亀井佑子
「座布団レース —偶然の出会いから急激に広がるイメージ—」企画者:光興(牛嶋みさを、中島海)
「WONDER BANG!」 企画者:宮川ひかる



左から: 「on concrete」セバスチャン・シュトゥンフ 《Trees》より2008、「座布団レース」光興 《ナポリタン》2007、「WONDER BANG!」カミーユ・ローレリ 《無題》2005
From left: "on concrete" Sebastian Stumpf From《Trees》2008, "Zabuton-race" Mitsuoki 《Neapolitan》2007, "WONDER BANG!" Camille Laurelli 《No title》2005


まもなく終了。お見逃しなく!
会期: 〜4月19日(日)まで
会場: トーキョーワンダーサイト本郷(http://www.tokyo-ws.org/hongo/map.html)
休館日: 月曜日
開館時間: 11:00〜19:00(入館は閉館の30分前まで)
入場料: 無料
主催: 財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
助成: ブリティッシュ・カウンシル、ゲーテ・インスティトゥート・ジャパン(「on concrete」)
協力: パリ・セルジー国立美術学校(「WONDER BANG!」)
認定: 社団法人企業メセナ協議会(「座布団レース」)


■関連イベント: 最終イベントです!


「座布団レース」パフォーマンス+トーク 二段ベッド vol.3
日時: 4月19日(日) 15:00〜: 
出演: 鉄割アルバトロスケット(パフォーマンスグループ)× onnacodomo(映像ユニット)
ナビゲーター: 牛嶋みさを(フォトグラファー)


※各イベントは、展覧会の会場内で行います為、混雑の状況や、映像の上映による暗転等で展示作品が見えにくい場合がございます。あらかじめご了承下さいます様お願いいたします。


***************************************************************




TWS青山:クリエーター・イン・レジデンス成果発表展覧会
遠くて身近な歴史−1968年そしてホロコースト
「思い通りに消せない記憶」 ブラッドレー・マッカラム&ジャクリーヌ・タリー
「イン・マイ・マザーズ・フットステップス」 イシャイ・ガルバシュ



Left: Japan Waterspray, 1968 (After unknown photographer; The Japan Times) 2009
Right: Many women in the camp started suffering from seizures.: In My Mother’s Footsteps(48) 2004-2009

会期: 2009年4月11日(土)〜5月17日(日)
会場: トーキョーワンダーサイト渋谷 (http://www.tokyo-ws.org/shibuya/map.html )
休館日: 月曜日(但し5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)
時間: 11:00〜19:00(5月4日(月・祝)、5月10日(日)は17:30で閉館。※最終入館は閉館の30分前まで。
主催: 財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
後援: アメリカ大使館(ブラッドレー・マッカラム&ジャクリーヌ・タリー)、オランダ王国大使館(イシャイ・ガルバシュ)
協力: nca | nichido contemporary art、共同通信社、The Japan Times (ブラッドレー・マッカラム&ジャクリーヌ・タリー)、
    ワコウ・ワークス・オブ・アート、The Thomas J. Watson Fellowship、Rabbi Erwin Zimet Memorial Institute (イシャイ・ガルバシュ)


本展は、TWS青山に滞在した2組のアーティストによる個人の記憶と集団の記憶をめぐる作品を紹介します。
ブラッドレー・マッカラム&ジャクリーヌ・タリーは、TWSが試験的に実施する長期滞在プログラムにおいて、2008年夏には制作リサーチを、2009年春には作品制作および成果発表展覧会を行うため、期間を2回に分けてTWS青山に滞在しました。彼らは、人種差別の問題をはじめとする社会と個人の問題を鋭く追及する作品を制作しています。今回彼らは日本で1968年に報道されたさまざまな社会問題・事件の写真をもとに制作した作品を発表します。

また、イシャイ・ガルバシュは、国内外で活躍しているアーティスト/キュレーターなどから推薦を受けた才能あるアーティストを招聘する国際推薦人制度により、ディートマー・エルガー(ゲルハルト・リヒター・アーカイブ ディレクター)からの推薦を受け選出されたアーティストで、ホロコーストにおける数少ない生還者であった自身の母親による追想録をもとに、母親のホロコーストの足跡をたどり、オランダ、ドイツ、ポーランドの各地を撮影した写真シリーズ《In My Mother’s Footsteps》を展示します。
私たちの個人の記憶と社会の記憶の関係のなかには私たちの生きられた時間への鍵があります。本展がその鍵を見つける機会となることを願っています。



■■同時開催■■
イシャイ・ガルバシュ 「In My Mother's Footsteps」展
会期: 4月11日(土)〜5月16日(土)
会場: ワコウ・ワークス・オブ・アート


***************************************************************



TWS Aoyama:Creator-in-Residence
OPEN STUDIO 2009_01

Date: April 18 (Sat.), 2009 14:00-17:00 (Doors open)
Admission: Free
Venue: TWS Aoyama:Creator-in-Residence (http://www.tokyo-ws.org/english/aoyama/map.html)
Organize: Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Tokyo Wonder Site
Participating Artists: Yin Hua Chu / Lillian Fellmann / Jessica Findley / Maya Hewitt / Wei Ling Lim / Dirk van Lieshout / MIHOKANNO / Vincent W.J. Van Gerven Oei / Shinji Omaki / Emma Ota / Olivier Pasquet / Juergen Staack / Jonas H. Staal
*Schedule and participating creators are subject to change.

TWS Aoyama:Creator-in-Residence has started monthly public program titled "OPEN STUDIO" (old OPEN HOUSE)focusing on the process of productions. In their studios, the residents will communicate and exchange the ideas about their works with the audience. The creators from United States, Taiwan, Singapore and Europe will introduce their works in progress to the public. Please come along!

***************************************************************



Emerging Artist Support Program 2008
"on concrete" Curator: Yuko Kamei
"Zabuton-race - Images disseminated rapidly through chance encounters -" Curator: Mitsuoki (Misao Ushijima, Umi Nakajima)
"WONDER BANG!" Curator: Hikaru Miyakawa

Don't miss it!
Date: March 22 (Sat.), 2009 - April 19 (Sun.), 2009
Venue: TWS Hongo (http://www.tokyo-ws.org/english/hongo/map.html)
Closed: Mondays (If Monday is a National Holiday, the following day will be closed instead.)
Time: 11:00-19:00 (Admission until 18:30)
Admission: Free
Organize: Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Tokyo Wonder Site
Support: British Council / Goethe-Institut Japan (on concrete)
Cooperation: Ecole Nationale Superieure d'Arts Paris - Cergy (WONDER BANG!)
Approval: Association for Corporate Support of the Arts, Japan (Zabuton-race)

■Related Event: *Final event!

"Zabuton-race" Performance Talk "Bunk Bed Vol.03"
Date: 4/19 (Sun.) 15:00-
Performer: Crack Iron Albatorosskett (Performance Group) x onnacodomo (Visual Artist)
Navigator: Misao Ushijima (Photographer)

***************************************************************



TWS Aoyama: Creator-in-Residence Residency Program Exhibition
Questions of Private and Public Memory -1968 and The Holocaust
Bradley McCallum and Jacqueline Tarry "Indelible Image"
Yishay Garbasz "In My Mother's Footsteps"

Date: April 11 (Sat.) - May 17 (Sun.), 2009
Closed: Mondays (Except May 4(Mon.) and May 7(Thu) is closed)
Time: 11:00-19:00 (May 4(Mon.) and May 10 (Sun,) is closed at 17:30. Last entry is 30 minutes before closing time)
Admission: Free
Venue: TWS Shibuya (http://www.tokyo-ws.org/english/shibuya/map.html)
Organize: Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture, Tokyo Wonder Site
Support: Embassy of the United States (Bradley McCallum Jacqueline Tarry),
Embassy of the Kingdom of the Netherlands (Yishay Garbasz)
Cooperation: nca | nichido contemporary art, KYODO NEWS, The Japan Times (Bradley McCallum Jacqueline Tarry),
       WAKO WORKS OF ART, The Thomas J. Watson Fellowship, Rabbi Erwin Zimet Memorial Institute (Yishay Garbasz)

■■Concurrent Exhibition■■
Yishay Garbasz: "In My Mother's Footsteps"
Date: April 11 (Sat.) - May 16 (Sat.), 2009
Venue: WAKO WORKS OF ART


This Residency Program Exhibition introduces the results of two recent artist residencies. On display are works by USA-based Bradley McCallum Jacqueline Tarry, who have been producing artworks collaboratively as a team since 1998, as well as Yishay Garbasz, an artist of British and Israeli nationality based in Germany.
The two artists/groups we introduce this time have been creating works of art based on such questions of individual and collective memory.

Bradley McCallum Jacqueline Tarry, as participants in TWS’s experimental long-term residency program, visited Japan once for preparatory research in the summer of 2008, and then again for the actual creation and presentation of their work in the spring of 2009. They are keenly pursuing in their works issues of racism, and other problems arising between the individual and society.
Yishay Garbasz was selected by the recommendation of Dietmar Elger (Director, Gerhard Richter Archiv) to take part in the International Nomination Program for creators recommended by internationally operating artists and curators. Based on her mother’s reminiscence of the Holocaust as one of the few survivors of this unprecedented tragedy in the history of mankind, she followed her mother’s footprints through the Holocaust to various locations in the Netherlands, Germany and Poland, where she took photographs for her In My Mother’s Footsteps series.

トーキョーワンダーサイト / Tokyo Wonder Site
Institute of Contemporary Art and
International Cultural Exchange, Tokyo
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山SOUTH棟3F
----------------------------------------------------------------
COSMOS Aoyama SOUTH 3F 5-53-67 Jingumae, Shibuya-ku Tokyo 150-0001
TEL +81-(0)3-5766-3732 FAX +81-(0)3-5766-3742
E-mail: contact[AT]tokyo-ws.org URL: http://www.tokyo-ws.org/
[PR]

by japan_air_net | 2009-04-16 21:49


<< 第二回AIRオープン・フォーラ...      「寿オルタナティブ・レジデン... >>